絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

推し活ダイアリー♡ vol.3|「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」をレポート♪貴重な資料からかわいすぎるフォトスポットまで!松坂屋名古屋店で開催中!!
#おでかけ

2023.12.20wed

推し活ダイアリー♡ vol.3|「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」をレポート♪貴重な資料からかわいすぎるフォトスポットまで!松坂屋名古屋店で開催中!!

ハロプロ、K-POP、野球、キャラクターもの、時代劇、お笑い、神社・寺社仏閣…。
何かにハマるととことん推し始め、つい深掘りしたくなる。いつの日か、推しの対象は一つにしてならず。

そんな“人生、推したもん勝ち!”の編集部・ヒラタによる、新企画「推し活ダイアリー♡」

第3回目の推しテーマは、イラストレーター・ナガノさんによるキャラクターたちです!

ナガノさんの代表する作品は、『ちいかわ』や『ナガノのくま』など。
現在、松坂屋名古屋店では、ナガノさんの展示会「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」を開催中ということで、早速イベント会場へ行ってきました♪

松坂屋名古屋店での開催は、2023年12月30日(土)までなので、今年の“イベント納め”にぜひ足を運んでみてください!

▼前回の推し活ダイアリー

Check!

推し活ダイアリー♡ vol.2|「ハリー・ポッター マホウドコロ」が「オアシス21」にオープン!パーティーにおすすめのアイテム、マニアの編集部が購入したグッズを紹介♪【名古屋・栄】

推し活ダイアリー♡ vol.2|「ハリー・ポッター マホウドコロ」が「オアシス21」にオープン!パーティーにおすすめのアイテム、マニアの編集部が購入したグッズを紹介♪【名古屋・栄】

ハロプロ、K-POP、野球、キャラクターもの、時代劇、お笑い、神社・寺社仏閣…。 何かにハマるととことん推し始め、つい深掘りしたくなる。いつの日か、推しの対象は一つにしてならず。 そんな“人生、推したもん勝ち!”の編集部・ヒラタによる、新企画「推し活ダイアリー♡」。 第2回目の推しテーマは、大ヒット映画シリーズの「ハリー・ポッター」です! 2023年9月29(金)、名古屋市栄の複合商業施設「オアシス21」に、映画『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の「魔法ワールド(Wizarding World)」オフィシャル商品を専門に取り扱う、「ハリー・ポッター マホウドコロ(Harry Potter – Mahou Dokoro)」がオープン。 “ハリポタ”“ファンタビ”シリーズを定期的に観ているほど、大好きな映画シリーズのショップが名古屋にできたとのことで、行ってきました♪ いくつかのアイテムを購入してきたので、ぜひお買い物の参考に記事を読んでくださいね! ▼第1回目の推し活ダイアリー 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2023.11.02推し活ダイアリー♡ vol.1|祝・ディズニー創立100周年「Disney100 THE MARKET...https://dev.kelly-net.jp/enjoytoday/2023110200001695962.html コンセプトは“ちょっと身近な魔法界” 「ハリー・ポッター マホウドコロ」は、「魔法ワールド(Wizarding World)」オフィシャル商品を専門に取り扱うショップです。 “ちょっと身近な魔法界”をコンセプトに、「魔法ワールド」の商品にいつでもどんな時にも触れられる場所を目指して、「魔法ワールド」の世界を身近に感じられるような生活雑貨やアパレルなどの商品をそろえています。 「オアシス21」にオープンした、栄公園店のエントランスは、「魔法ワールド」に登場する装飾や小物をイメージ。 また、店内は、ローブやカバンなどの服飾アイテムを中心にそろえるイギリスの老舗テーラー風のコーナーや、ホグワーツ魔法魔術学校の校内にある階段や魔法使いの肖像画、大広間のステンドグラス風の装飾など、ホグワーツ魔法魔術学校をイメージしたこだわりのつまった空間になっています。 Fave Comment 「ハリー・ポッター マホウドコロ」は、東京・赤坂にある既存店舗の他、ポップアップストアの開催もしています。以前、名古屋市内で期間限定オープンしていた時にお買い物をしたことがあるのですが、実店舗となると、お店の空間から映画の世界観に思う存分、浸ることができて幸せ♡ 店内にいるだけで、テンションが上がっちゃいます! “不思議なお菓子”モチーフはおうちパーティーに◎ 『ハリー・ポッター』や『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場する、“ホグズミード村”にある菓子店“Honeydukes(ハニーデュークス)”に並ぶ、数々のお菓子をイメージした食器やキーホルダーなどの新商品が発売中です。 “ハニーデュークス”には、若い魔法使いが欲しがる不思議なお菓子がそろっています。 そんなお菓子たちをイメージした、食器やキーホルダーなど日常使いできるアイテムが登場! 「ハリー・ポッター Honeydukes シャカシャカキーホルダー」(左からカエルチョコレート、バーティー・ボッツの百味ビーンズ、爆発ボンボン)各2420円 まず、振るとシャカシャカとした音と動きが楽しめるキーホルダーから。 「バーティー・ボッツの百味ビーンズ」や、「カエルチョコレート」「爆発ボンボン」のお菓子を模したものが3種類あります。 Fave Comment ハリーやロンたちが「バーティー・ボッツの百味ビーンズ」を食べて楽しんでいるシーン、大好きなんです! 子どものころ、どんな味なんだろう?と想像してワクワクしていました♪ そんなお菓子がキーホルダーに! 気軽に身に着けることができていいですね。 「ハリー・ポッター Honeydukes かぼちゃジュースマグ」3960円※写真は使用イメージ 続いて、魔法界で人気のドリンク“かぼちゃジュース”のボトルをイメージした蓋つきマグカップ。 蓋を被せると、大きなかぼちゃがドスンと乗った様子でインパクト抜群です。蓋は保温だけでなく、ティースプーン・ティーバッグなどちょっと置くのにも便利! 左から「ハリー・ポッター Honeydukes 紙コップ風タンブラー」3080円、「ハリー・ポッター Honeydukes 紙皿風プレート」3300円 紙皿風デザインの陶器製プレートと、紙コップ風デザインの陶器製タンブラーも! それぞれ紙皿や紙コップらしい、丸いフチやスリットがリアルに表現されています。 “ハニーデュークス”のシンボルカラーである緑×ピンクの配色で、ポテトチップスやポップコーンなどのお菓子をカラフルに彩ります。 Fave Comment 緑×ピンクの配色はかわいすぎてずるい…!! パーティーシーンに映えるアイテムは必須。これは、ついセットでそろえたくなりますね♪ 「ハリー・ポッター Honeydukes おかしなティースプーンコレクション」1100円※全8種類、ランダム商品 さらに、“ハニーデュークス”の不思議でおかしなパッケージのデザインを持ち手にあしらったティースプーンまで。 ブラインドボックス入りで、全8種類のうち、1種類シークレットのデザインが含まれています。箱を開けるまでどのデザインが出るかわからないドキドキ感も楽しめますよ。 「ハリー・ポッター Honeydukes ロールクッキー」1944円 また、“ハニーデュークス”のロゴやデザインをあしらった紙箱パッケージ入りの、クリーム入りココアロールクッキーも。 クッキーは10本入りで個包装になっています。また、“ハニーデュークス”やお菓子のロゴをデザインしたステッカー(全4種類)がランダムで1枚封入されています。 Fave Comment キュートなパッケージに、おいしいお菓子♡ 個包装タイプなので、手土産やギフトにもぴったりですね。 「ファンタスティック・ビースト レモンキャンディ」2310円 最後に、校長室の合言葉になるくらいダンブルドアがお気に入りだった酸っぱいレモンキャンディ。 これは、こだわりのオリジナルフレーバーで、酸っぱさの中にフレッシュさもある大人の味に仕上がっているようです。 巾着は『ファンタスティック・ビースト ダンブルドアの秘密』などに出てきた、“ハニーデュークス”のレトロなお菓子袋をモチーフにしたデザインになっています。 Fave Comment ダンブルドア校長のお気に入りのレモンキャンディを、食べられる日が来るなんて感激!キャンディを食べ終わっても、レトロな巾着を活用できるのはうれしいです♪ 他にも、“ハニーデュークス”をモチーフにした商品は盛りだくさん! 詳しくはこちらをチェックしてみてください。 編集部・ヒラタのリアル購入品♡ 編集部が実際に購入した商品をいくつか紹介します。 前回の記事にも書いたのですが、私はランダムグッズにすごく弱いです…!(ランダムの中身がわからないドキドキ感が大好き) 「ハリー・ポッター マホウドコロ」でも、ランダムグッズを買いました♪(私と同じようなランダム好きさん、必見です!) 「ハリー・ポッター ステッカーセットコレクション」(全16種類のうち、シークレット2種類)※「ハリー・ポッター マホウドコロ」限定 はじめに、ステッカーから。 これは、映画『ハリー・ポッター』シリーズの人気キャラクターを集めたステッカーコレクションです。 ハリー・ポッターやハーマイオニー・グレンジャー、シリウス・ブラックなどの人気のキャラクターはもちろん、セドリック・ディゴリー、ベラトリックス・レストレンジなども! 1袋に2枚がセットで入っている、ランダム商品です。 Fave Comment スマホやPCなどに貼るのに、ちょうどいいサイズ感のステッカーです。前に行ったポップアップストアでもこのステッカーを買っていて、その時は、ミステリアスな魅力たっぷりのルーナ・ラブグッドでした♡ 今回は、ベラトリックス・レストレンジと、セブルス・スネイプ先生! 手前中央の迫力にやられました…!! 全16種類のうち、2種類はシークレット。シークレットを引き当てるまで、私のお買い物は終わらない気がします。 左から金バッジ(全10種類)、「ハリー・ポッター 肖像画マグネットコレクション」(全8種類)※「ハリー・ポッター マホウドコロ」限定 次は、ランダム商品の金バッジとマグネットです。 高級感のある金バッジは、ホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮のマークや“9と4分の3番線”のロゴをモチーフにしたものなど、全部で10種類。 Fave Comment コンプリートしたいくらい、どれも素敵なデザインの金バッジ! 私は、ホグワーツ魔法魔術学校が描かれたものでした♪ 夜空のような青色の上には、星たちがキラキラと輝いています。どこに着けようか、絶賛悩み中!! 「ハリー・ポッター 肖像画マグネットコレクション」は、キャラクターの3Dカードとマグネットつきフレームがセットになっています。 3D加工をしたキャラクターが浮き出て見えるので、まるで作中の“動く肖像画”のようです。 ラインナップは、ハリー・ポッター、ハーマイオニー、ロン、ドラコ、シリウス、スネイプ、ダンブルドア、トム・リドルの8種類。 Fave Comment これを見た瞬間、「絶対買わなければ…」と“ハリポタ使命”に駆られました。ドキドキしながら選んだ2つを開けてみると、ハリー・ポッターと、トム・リドル! なんという、激アツな組み合わせなのでしょうか!! 一気にテンションが上がりました↑ 開封式を見守っていた後輩Sさんも、「もってますね!」の一言。(気を遣ってくれてありがとう) 左から「ファンタスティック・ビースト メタリックファイルコレクション メンズVer.」、「ハリー・ポッター『ホグワーツ城』ミニタオル」※「ハリー・ポッター マホウドコロ」限定 最後に、映画『ファンタスティック・ビースト』のメタリックファイルコレクションと、ホグワーツ城モチーフのタオルを紹介します。 ファイルは、映画『ファンタスティック・ビースト』の男性キャラクターバージョンで、グリンデルバルドやテセウスなどの人気登場人物のシーンを含む、全8種類。そのうち1種類はシークレットデザインのよう。 クリアファイルの内側は、メタリック加工になっています。 Fave Comment なんと、主人公・ニュートンと、そのお兄さん・テセウスのツーショット!! 基本的に、ランダム系はどれが当たってもうれしいのですが、この商品に関しては正直、これ狙いでした! 二人ともかっこよすぎます♡ また、何種類かあったタオルの中から、私は湖の上に浮かぶホグワーツ城が細かい刺繍で表現されているものを選びました。 星や窓の明かりが金色で、シンプルながら豪華な雰囲気のアイテム。触り心地も良く、使う度に“ハリポタ”&“ファンタビ”愛が増しそうです。 ショップ情報をチェック! “ちょっと身近な魔法界”をコンセプトにしている、「ハリー・ポッター マホウドコロ」。 上の写真・右にある、ショッピングバッグ(有料)まで素敵でした! また、私が栄公園店へ行った時には、オープン記念のお買い上げ特典として、「ショップカード」(非売品・全5種類※お買い上げ金額が税込み3300円以上の方対象、なくなり次第終了、オンラインショップではランダムでのお渡し)がありました。 この記事では紹介しきれないほど、「ハリー・ポッター マホウドコロ」には、たくさんの商品がそろっています。 皆さんもぜひ、「魔法ワールド」とのつながりを感じられる「ハリー・ポッター マホウドコロ 栄公園店」へ行ってみてください♪ Fave Comment 映画『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の世界観を感じられる、アイテムの数々、お店の雰囲気に心酔しました…♡ 某テーマパークには頻繁に行けないので、名古屋市内でこのように“ハリポタ”“ファンタビ”推し活ができることに感謝! ファンの人はもちろん、ファンではない方も、楽しめる空間になっているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。 ちなみに私は、「ハリー・ポッター マホウドコロ 栄公園店」へ行った後、映画 ハリポタシリーズを観ました♪ 何度観てもドキドキ・ワクワクして楽しい、本当に素敵な作品です!! 映画を観たことがない方は、作品を観てから行くと、より楽しめますよ♪ ハリー・ポッター マホウドコロ 栄公園店 場所名古屋市東区東桜1-11-1 オアシス21 B1F 時間10:00~21:00(施設に準じる) 公式サイトhttps://www.harrypotter-mahou-dokoro-benelic.com/toppage WIZARDING WORLD characters, names, and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s23) ※掲載内容は2023年10月時点の情報です ※価格は税込み表記です ※一部商品は品切れしている場合があります

イラストレーター・ナガノさんの魅力

2022年12月に東京会場から始まった、「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」。松坂屋名古屋店での開催は、全国で9都市目です。

ナガノさんは、SNSで発信していた漫画をきっかけに話題になった、人気のイラストレーター。『ちいかわ』『ナガノのくま』など、ゆるいイラストの中にある、独特な世界観で人々を魅了しています。

『なんか小さくてかわいいやつ』略して『ちいかわ』!

その中でも『ちいかわ』は、2020年にXで漫画の連載が始まると、すぐ話題に。2021年には単行本が刊行され、2022年にアニメ化されました。
物語の内容や「ちいかわ」たちが発するメッセージに共感する人が多く、男女問わず人気です。

Fave Comment

ナガノさんが描くキャラクターたちのゆる~くて、何とも言えないかわいさにメロメロ♡ はじめは『ナガノのくま』がきっかけで、ナガノさんを知りました。その後、『ちいかわ』や『もぐらコロッケ』なども知り始めたら、もう“ナガノ沼”から抜け出せないように…! ラインのスタンプも大人気なので、漫画を知らない方の中にもファンが多い印象です。

貴重な原画が200点以上展示!

「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」では、『ちいかわ』『ナガノのくま』『MOGUMOGU食べ歩きくま』『もぐらコロッケ』などの原画200点以上の他、ラフ原稿や下描きスケッチまで展示されています。
どのように作品が出来上がっていくのか、その過程を垣間見ることができますよ。

ナガノさんがXでアップしているイラストのほとんどは、紙にペンで書いたものをスキャンして、色を付けているものだとか。
その原画やラフなどをこんなにも近くで見ることができるのは、とても貴重です!!

また、展示会場内は写真撮影OK。(一部、撮影NG)
ただし…

「モモンガ」の言う通り、キャラクターたちをかわいく撮影しましょうね♡

『ちいかわ』のキュートなフォトスポット♡

展示は3部構成になっており、第1章は「ちいかわと仲間たち」
「ちいかわ」をはじめ、ともだちの「ハチワレ」や「うさぎ」に「モモンガ」などが登場します。

ブース内に大きな「あのこ」を発見!

展示会場内にはいくつかのフォトスポットがあります!(各フォトスポットでの写真撮影は1人1ショット)

これは、「ラーメンの鎧さん」が営むラーメン屋「郎」のカウンター席で、「ちいかわ」たちと一緒にラーメンを食べているような写真が撮れるフォトスポット。「ちいかわ」と「うさぎ」の間に座って、撮影しましょう!

Fave Comment

まさか「ちいかわ」たちと一緒に写真が撮れる時代がくるなんて! こんな間近で、立体的な「ちいかわ」たちを拝める日がくるなんて! ハフハフしながら食べている「ちいかわ」と「ハチワレ」に、うれしそうな表情の「うさぎ」が超かわいい~!! 写真を撮るときは、カウンターの裏にイスが用意されているので、そこに座ってください。座った席から見える「ちいかわ」たちの横顔もたまりません!

『MOGUMOGU 食べ歩きくま』でまさかの“あーん”

第2章は、2018年にスタートした『MOGUMOGU 食べ歩きくま』の「くまの食べ歩き」

『MOGUMOGU 食べ歩きくま』は、「自分ツッコミくま」がおいしいものを食べるために、いろいろな場所を旅する内容ですが、これは「くま」と「食」を柱にした企画を考えていたところ、ナガノさんが旅をすることも好きということから、このような内容に決まったようです。

「くまの食べ歩き」にも原画の数々が展示されています。

「くま」がおいしそうに食べる様子、旅を楽しむ様子が盛りだくさんで、聖地巡礼として実際のお店へ行く人も多いのだとか!

おいしそうに食べる「くま」のイラストを見て、お腹が空いてきたな~と思いながら「くまの食べ歩き」ブースを進むと、なんと食べ物たちがそこにあるではないですか…!
「くま」のおかげで、お腹が空きすぎて幻覚でも見え始めたのかと近くで見てみると、食品サンプルでした。

これは何かというと…

「くま」「パグさん」「もぐらコロッケ」との記念撮影に使えるアイテムなんです♡

Fave Comment

このスペースでは、ベンチに座ってキャラクターとみんなで並んで写真を撮ることができます! 用意されている食品サンプルの中から、私はソフトクリームとたこ焼きをチョイス。ソフトクリームを「くま」に“あーん”してみました! このあと「パグさん」と「もぐらコロッケ」にもしっかりたこ焼きをあげました♪

ナガノさんワールド全開な演出も♪

展示会の最後を締めくくる第3章は「くまと仲間たち」
このブースには、「くま」のベストフレンド「パグさん」をはじめ、「もぐらコロッケ」「マレーグマ」「ユニコーン&バイコーン」たちが登場します。

“ナガノワールド”の原点とも言えるストーリーが、これからもまだまだ続くことを感じられる内容になっていますよ。

ブースの一部に、いろいろな表情をした、立体的な「もぐらコロッケ」が! どこかにナガノさんのサインが書いてあるので、よーく見てみてください♪

すべての展示を見終えたと思うと、「労働の鎧さん」を発見! これも演出の一つで、「労働の鎧さん」の前に行くと、「報酬カード」を渡してくれるんです!

「報酬カード」まで受け取り、ナガノさんによるキャラクターたちの展示を存分に楽しんで会場を出てみると、またもや何かあるではないですか!

ここはフォトスポットになっていて、なんと「早インパラ」の上に座ることができます!!
編集部もしっかり(ちゃっかり)座ってみました。思わず、満面の笑み♪

そして、展示会場に入場した方限定で、展示観覧後に物販スペースでショッピングができます。
アパレルアイテムや文房具、ぬいぐるみなど、『ちいかわ』や『ナガノのくま』に出てくるキャラクターをモチーフにしたグッズが集まっていますよ。(一部商品は品切れしている場合があります。)

「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」は、イラストレーター・ナガノさんが生み出すキャラクターたちの魅力がたーくさんつまっています!
なかなか見られない、作品たちの原画やラフの展示に、かわいいキャラクターたちのフォトスポットなど、ファンにはたまらないものばかり♡

2023年の締めくくりに、このイベントでナガノさんの世界観を満喫してください!!

Fave Comment

展示会場の最後の最後まで、ナガノさん“らしさ”のある楽しい仕掛けや演出があって、ナガノさんと作品をより近くに感じることができました! 原画やラフ、下書きスケッチをじっくり見ることができて、『ちいかわ』や『ナガノのくま』の作品の裏側を知れたような気がして、とてもうれしいです♪ また、フォトスポットでの撮影は、大切なメモリー!! 推し活を写真で振り返ることができるのも最高です。期間限定イベントなので、少しでも気になった方はぜひ足を運んでみてくださいね!

©nagano

ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~

場所
名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 本館7階「大催事場」
期間
2023年12月13日(水)~30日(土)
時間
10:00~19:00(最終入場は18:00)※最終日は16:00最終入場、17:00閉場
入場料金
一般・大学生1200円、高校生1000円、小中学生800円
※当日券の販売は、12月20日(水)、21(木)、22(金)、25(月)、26(火)、27(水)、28(木)、29(金)、30(土)のみ11:30~の販売
特設サイト
https://dmdepart.jp/museum/nagoya/nagano-ten/#anc-02


※掲載内容は2023年12月時点の情報です
※価格は税込み表記です

LINEお友だち登録

Please Share

推し活ダイアリー♡ vol.3|「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」をレポート♪貴重な資料からかわいすぎるフォトスポットまで!松坂屋名古屋店で開催中!!

WRITER

Satomi Hirata

Satomi Hirata

千葉県出身。週末の楽しみは、東海の温泉やスパに足を運ぶこと。ヨガ、お散歩も大好きな健康オタク。名古屋歴は浅いながらも、日々の発見を大事に、新鮮で楽しい情報をお届け。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 中区
  4. 推し活ダイアリー♡ vol.3|「ナガノ展~ちいかわ、ナガノのくま、ナガノ作品の原画が大集合!~」をレポート♪貴重な資料からかわいすぎるフォトスポットまで!松坂屋名古屋店で開催中!!

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。