絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

名古屋のおしゃれなホテル7選!カップルや友達とインスタ映えするおすすめの宿へ
#宿泊

2022.4.28thu

名古屋のおしゃれなホテル7選!カップルや友達とインスタ映えするおすすめの宿へ

カップルや友達と一緒に泊まりたい、インスタ映えするおしゃれな名古屋のホテルをピックアップ! 一人旅で安く利用しやすい街中のゲストハウスや、女子会にぴったりなデザイナーズ民宿など、注目のホテルが続々とオープンしています。名古屋市内の宿泊施設を中心に、愛知県の最新ホテルや話題の「VISON(ヴィソン)」まで、幅広くご紹介します。

THE TOWER HOTEL NAGOYA(ザ タワー ホテル ナゴヤ)

【中区・久屋大通】アート&グッドビューを眺めながらティータイム。
昨年9月、「中部電力MIRAITOWER(旧名古屋テレビ塔)」内にオープンして以来、利用者を魅了してやまない話題のホテルです。エントランスから客室まで空間を彩るのは、鷲尾友公さん、杉戸洋さんをはじめ、地元にゆかりのあるアーティストたち。「久屋大通公園」を望む全15室の上質な客室は、むき出しになったテレビ塔の鉄骨と、部屋ごとに飾られたアート作品が異彩を放っています。

愛知生まれの〈エアウィーブ〉を使用するなど、いたるところに地元の良品が使われています。

フロントには、かつてテレビ塔から見えた景色を描いた、多治見市笠原町のモザイクアートが飾られています。

グラフィックデザイナー・白澤真生さんが担当したルームキーも素敵。

▼詳しい記事はこちら

Check!

アートホテル「THE TOWER HOTEL NAGOYA」で、アーティスティックな宿泊体験を【久屋大通】

アートホテル「THE TOWER HOTEL NAGOYA」で、アーティスティックな宿泊体験を【久屋大通】

地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約1分|ステイケーションも新しい休日の過ごし方とされる中、感性が磨かれるアートホテルが続々と登場! 今回は、「名古屋テレビ塔」内にオープンした「THE TOWER HOTEL NAGOYA」をご紹介。様々なところに隠れているアートポイントを探しながら、美術館に泊まるような宿泊体験をお届けします。 アートホテル「THE TOWER HOTEL NAGOYA」で、アーティスティックな宿泊体験を【久屋大通】 東海地方の産業や伝統工芸を、アートとともに体感 今年9月にリニューアルをした「名古屋テレビ塔」の4・5階に、東海3県の魅力を世界に発信するホテルが10月に完成しました。 「オアシス21」が望める「パーク コーナー スイート」では、瀧本幹也さんの写真とともにくつろいで。 入口にある鷲尾友公さんのウォールアートから始まり、 現代美術作家として注目の杉戸洋さんが制作した受付の壁画、ロビー、喫煙室に至るまで、ホテル全体でアートを満喫できることが最大の魅力です。 壁一面に鷲尾友公さんの絵が描かれた「フォレスト ビュー ダブル」。 全室パークビューの客室は、テラス付きのスイートルームを合わせて全15室。どの部屋にも東海地方にゆかりのある作家が手掛けた作品が飾られ、それぞれに異なる世界観を演出しています。 快適な広さを確保した「フォレスト テラス スイート」。バスルームの扉には、テレビ塔の絵が描かれている。 書家・渡部裕子さんの作品が展示される客室では、フットレストにも注目してみて。 また、ベッドには愛知生まれの〈エアウィーブ〉を取り入れるなど、地域産業や地元の伝統工芸の技術の高さも同時に体感できます。60年前から受け継がれるテレビ塔の鉄骨が剥き出しになっていることも客室の醍醐味の一つです。 地元の良品を料理に至るまで堪能 宿泊はすべて、レストラン「グリシーヌ」で提供される朝食付き。岐阜の米「龍の瞳」を〈バーミキュラ〉で炊いたごはん、名古屋コーチンの玉子焼きなどを瀬戸焼・伊賀焼の器とともに味わうことができます。 「グリシーヌ」内では、映像クリエイター・さわひらきさんが初めて制作した立体作品や、スケッチも展示しています。 まだあるアートポイントもチェック! エントランスには鷲尾友公さんが描いた、テレビ塔がモチーフのダイナミックな壁画があり、宿泊者を出迎えてくれます。 過去にテレビ塔から見えた景色を、笠原のモザイクタイルで再現した受付の壁画。現在ホテルから見える新しい景色と比較もできます。 「グリシーヌ」では、さわひらきさんの鳥のペイントを足元に発見! グラフィックデザイナー・白澤真生さんが、テレビ塔の鉄骨をイメージしてデザインしたルームキー。 「フォレスト ビュー ツイン」では、展示会でよく見かける作品のキャプションを編み物にした、宮田明日鹿さんの作品が窓際に。 今回紹介したアート作品もまだほんの一部分。至る所にいくつもの散りばめられたアートポイントを、泊まる度に新しい発見しながら、ゆったりと贅沢なひとときを過ごしてみてはいかが? THE TOWER HOTEL NAGOYA 問い合わせ / 052-953-4450 場所 / 名古屋市中区錦3-6-15先 チェックイン・アウト / 15:00・12:00 定休日 / 無休 カード・電子マネー / 可・不可 宿泊料 / 1泊1室3万1000円~(朝食付、税・サービス料込) 公式サイト / https://thetowerhotel.jp/ photo / Emi Takeuchi ※掲載内容は2020年10月時点の情報です。 ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

THE TOWER HOTEL NAGOYA(ザ タワー ホテル ナゴヤ)

問い合わせ
052-953-4450
場所
名古屋市中区錦3-6-15先 中部電力 MIRAI TOWER
営業時間
IN 15:00/OUT 12:00
駐車場
あり(契約)
支払方法
カード可・電子マネー不可
公式サイト
https://thetowerhotel.jp/
アクセス
地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約1分

ニッコースタイル名古屋

【中村区・国際センター】気分華やぐ、アフタヌーンティー&アロマの幸せ。
7~8種類のスイーツとオープンサンドを、香り豊かな紅茶とともに楽しめるアフタヌーンティーがお待ちかね。〈アットアロマ〉のエッセンシャルオイルとアロマストーンも付き、至福のひとときを過ごすことができます。

宿泊プラン「人気のアフタヌーンティー&アロマ付〈朝食付〉」
大人1泊朝食付き1万3950円~(2名1室利用時の1名分料金)

上品な雰囲気のアフタヌーンティーと、アロマの香りに包まれながらの宿泊を楽しめます。癒やし効果大のプラン。ちょっとしたご褒美に利用すれば、日ごろの疲れも吹き飛びそう。

▼詳しい記事はこちら

Check!

名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ【名駅】

名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ【名駅】

「オークラ ニッコー ホテルズ」が手がける新ブランド「ニッコースタイル」の第1号ホテルが、今年8月に開業しました。注目すべきは、「街の人とホテルゲストがつながる場所」を目指したエントランス。ホテルの象徴的な空間「コミューナルロビー」は、宿泊者だけでなく、地元住民にも開かれたロビーとして、食や音楽、アートに触れることができます。 【名駅】名古屋初のライフスタイルホテル「ニッコースタイル名古屋」で、音楽とコーヒーを楽しむ ライフスタイルホテルのカフェで過ごす、贅沢な時間 「ニッコースタイル名古屋」は、名古屋で初の本格的なライフスタイルホテルとして今夏誕生。宿泊はもちろん、音楽とコーヒーにこだわっているのが大きなポイントです。「泊まらなくても行ってみたい」と、感度の高い人たちの間で話題になっています。 「コミューナルロビー」のおしゃれなインテリアは、要チェック。 「カフェ&バー」では、時間帯ごとに豆の種類を変えるコーヒーや、地元のクラフトビールがスタンバイ。 ロビー併設の「スタイルキッチン」でぜひ味わいたいのが、8種類の色とりどりのスイーツが盛られたアフタヌーンティーセット。あえて平皿で提供するのは、ホテルメイドの味を気軽に楽しんでほしいから。名古屋が誇る人気ロースター「トランクコーヒー」とコラボレーションした、ここでしか味わえないオリジナルブレンドとともに堪能すれば、“ちょっと特別”なお茶時間に。一流シェフの料理と丁寧なおもてなしは、仕事の打ち合わせや友人とのランチ、大切な記念日のディナーなど、様々なシーンを彩ります。 スイーツやサンドイッチが華やかに盛られた「アフタヌーンティーセット」(2700円・税金、サービス料込)は、コーヒーまたは紅茶が付きます。 日本に数台しかないハンドドリップマシン「ポアステディ」でコーヒーを抽出。コーヒーの香りと甘みを高めるオリジナルのカップに注いで提供します。 また、コミューナルロビーにはDJブースが設けられ、地元ミュージシャンによるライブなどを開催予定です。 音楽にもこだわっていることから、館内のBGMは24時間一度も同じ曲が流れることはありません。 【イベント】 11月8日(日)のケリー編集部のスペシャルイベント「ウィークエンド カーニバル2020」では、ここでカフェ&トークイベントを開催します。この日だけしか味わえないホテルシェフ特製のイベント限定スイーツ・ドリンクとともに、ライフスタイルホテルこだわりの音楽とコーヒーを手掛けた、サウンドディレクター・Kenichiro Nishiharaさんとバリスタ・鈴木康夫さんの世界で活躍するお二人と、ホテル総支配人・西邦之さんのトークを楽しむ、最高のカフェ体験をこの機会にぜひ。 ▼イベント情報・参加チケット購入はこちら 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://dev.kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html?nextpage=3 次のページ… 優雅なホテルステイが叶う、洗練された客室をチェック 優雅なホテルステイが叶う、洗練された客室をチェック 瀬戸焼のルームプレートが目印。地元の伝統文化も大切にしています。 全室スクエアかつ仕切りのない客室。至福のリラックスタイムが叶います。 アメニティは、タイのナチュラルスパブランド「PANPURI」を採用しています。 すべての客室には、スイスの「GENEVA」の高音質なBluetoothスピーカーを設置。 【ニッコースタイル名古屋】 問い合わせ:052-211-8050(代) 住所:名古屋市中村区名駅5-20-13 チェックイン15:00〜 / チェックアウト~11:00 宿泊料:1泊朝食付き1万500円+税〜(2名1室利用時の1名分) https://nagoya.nikkostyle.jp/ 今後は名古屋ならではの文化や食を学ぶ、ワークショップも計画中。感性が刺激される空間で、ここでしかできない体験をしてみてはいかがですか。 photo / Atsuko Chiba ※掲載内容は2020年9月時点の情報です。 ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。 関連記事もチェック! 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.10.101日限定メニューも!ホテル「ニッコースタイル名古屋」のカフェ・スイーツの魅力https://dev.kelly-net.jp/enjoytoday/2020101006003032543.html 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2020.09.11【開催決定】ケリー編集部のイベント『ウィークエンド カーニバル 2020』https://dev.kelly-net.jp/special/2020091105500830822.html

ニッコースタイル名古屋

問い合わせ
052-211-8050(代)
場所
名古屋市中村区名駅5-20-13
営業時間
IN 15:00/OUT 11:00
駐車場
14台(有料)
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://nagoya.nikkostyle.jp/
アクセス
地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約4分

ホテル・アンドルームス名古屋栄

【中区・久屋大通】慌ただしい朝も、今日だけは穏やかなひとときに。
シンプルでスタイリッシュな空間は、日常から切り離されたような静けさで、居心地◎。朝食は客室へのデリバリーOKで、周りを気にせず過ごせます。大浴場も10時まで使えるので、2人でのんびりしたい休日にぜひ。

宿泊プラン「ゆったりステイ11:00アウトプラン《朝食付》(スタンダートツイン)」
大人1泊朝食付き7420円~(2名1室利用時の1名分料金)

ゆっくり起きて過ごすのにちょうどいい、レイトチェックアウトが可能。1Fのカフェ「リブ&バゲット」のサンドイッチやプレートの朝食を、客室に持ってきてくれるサービスも。

ホテル・アンドルームス名古屋栄

問い合わせ
052-959-3211
場所
名古屋市中区丸の内3-6-8
営業時間
IN 15:00/OUT 10:00(カフェは7:00~21:00※変更の場合あり。公式HPを要確認)
駐車場
なし
支払方法
カード・電子マネー不可(カフェは可)
公式サイト
https://www.hotel-androoms.com/ans/
アクセス
地下鉄「久屋大通駅」より徒歩で約5分

SEVEN STORIES(セブンストーリーズ)

名古屋駅から徒歩5分のアクセス抜群の立地に誕生した宿泊施設「SEVEN STORIES(セブンストーリーズ)」。7組の建築家が8階建て各階1部屋ずつデザインを手掛け、ものづくりのまちでもある愛知の素材にインスピレーションを受けたデザインが散りばめられています。

「セブンストーリーズ」はその名の通り、「7つの物語」をコンセプトにしています。そのため、階数で呼ばず、各階にそれぞれのテーマにあった名がつけられているがポイント。一部屋一部屋にデザイナーさんの思いと技術が盛り込まれ、どの部屋に泊まるか迷ってしまうほど個性的な部屋が並びます。

▼詳しい記事はこちら

Check!

デザイナーが手掛ける民泊「セブンストーリーズ(SEVEN STORIES)」がオープン!

デザイナーが手掛ける民泊「セブンストーリーズ(SEVEN STORIES)」がオープン!

名古屋駅から徒歩5分のアクセス抜群の立地に宿泊施設「SEVEN STORIES(セブンストーリーズ)」が誕生しました。8階建て各階1部屋の「セブンストーリーズ」は、7組の建築家が1部屋ずつデザインを手掛け、ものづくりのまちでもある愛知の素材にインスピレーションを受けたデザインが散りばめられています。さっそく編集部が一足先に各部屋を見てきましたので、ご紹介します。 入口から始まる「SEVEN STORIES」の世界に魅了される entrance 「セブンストーリーズ」はその名の通り、「7つの物語」をコンセプトにしています。そのため、階数で呼ばず、各階にそれぞれのテーマにあった名がつけられているがポイント。 エントランスの扉には「はじめに」の文章が書かれており、エレベーター横にはもくじのようにお部屋の名前が書かれています。まさにここからが‟ストーリー”の始まりです。 青いタイルが美しいプライベート空間 2nd floor 青の変奏/variations in blue 「水野太史建築設計事務所」と「水野製陶園ラボ」が手掛けた一室。床には、常滑のやきもの「施釉せっ器質タイル」が幾何学的に張られており、常滑に海や空を幻想させます。 室内にある、ユニット家具は1つで椅子、4つ組み合わせるとベッドとなり、自由に組み合わせて使うことができます。アイデア次第でいろんな使い方ができて面白いです。 大人の雰囲気を感じられる葡萄色の空間 3rd floor 葡萄色の漆黒/Burgundy Black 「rhyme design」の 篠元貴之さんが、小牧の尾張漆器の漆の赤・黒から着想を得て、デザインをしたお部屋。葡萄1色で統一された世界観で非日常へと誘います。 暗がりと明るみで色が変化する葡萄色の部屋は、間接照明と合わさると、どこかムーディーな雰囲気を感じさせます。お酒などワインを飲むにはぴったりな空間。 アーチの先に広がる異空間に驚き! 4th floor 庵/iori 4F 庵は、「NIIMORI JAMISON」の新森雄大さん、ジェームス ジャミソンさんが、清須市の曲げ物をイメージし、やわらかなカーブの曲げ木を使用したお部屋。 アーチの入口をくぐると雰囲気が一変。曲げ木を使った特徴的な照明がインパクト大の、不思議な空間が広がります。見る角度に寄って曲げ輪の見え方が変わるのも面白く、ゆったりとした時間が過ごせる、ついついこもりたくなる一部屋。 万燈の色を部屋中に散りばめた、美しい色のアンサンブルに注目! 5th floor 都市の中で眠り、起きる/sleep and wake up in the city 5階の「都市の中で眠り、起きる/sleep and wake up in the city」は、その名の通り、都市の中をコンセプトにしている一室。「1-1 Architects」の神谷勇机さん、石川翔一さんによって手掛けられました。 障子には刈谷市の万燈をモチーフにした柄があしらわれ、縁側でゆったりとくつろげる部屋です。天井にはアルミ箔が張られており、反射した光が写り、まるで外で寝ているかのような開放的な空間を演出。 女子会にぴったり!カフェ風の一部屋でゆったりくつろぎたい 6th floor 有松の転写/Memory of Shapes デザインは、「matomato」の松田孝平さんと走川礼奈さん。有松・鳴海絞りのテキスタイルが持つ、美しい起伏や陰影にこだわった一室です。 有松絞りの形状を写した机や、祭りの時に使うちょうちんの柄をモチーフとしたアートなど、有松の町にある要素をたくさん落とし込んだデザインに。カフェのようなスペースでゆったりと楽しむのはいかがでしょうか。 木の温もりを感じながら眠る、心地よい空間を体感して 7th floor 7階のコテージ/Cottage#7 「zelt」の 柴山修平さんが刈谷市のカリモクとコラボした一室。家具はカリモクのものが使用されています。 木肌が優しい安らぎのコテージのよう。日常の延長のような安らぐ空間で、日々の疲れが癒されること間違いなしです。 あなたなりの一室に 8th floor 多元的な/meaningful 「ambientdesigns」の石黒泰司さんが 、名古屋の「金」をテーマに手掛けたお部屋。 床の高さや素材が様々で、壁柱で作られたプライベート空間は、遊び心満載です。あなただけの過ごし方をしてみませんか。 また、民泊だけでなく、マンスリーマンションや展覧会の会場として利用することも。さらに、今だけ早割で宿泊予約ができるなどの特典を用意したクラウドファンディングも実施中! ▼詳しくはこちら https://camp-fire.jp/projects/view/387058 ※終了いたしました こだわりがたくさん詰まった「セブンストーリーズ(SEVEN STORIES)」。一部屋一部屋にデザイナーさんの思いと技術が盛り込まれ、どの部屋に泊まるか迷ってしまうほど個性的な部屋が並びます。そんな思いを感じ取りながら、愛知の魅力にたくさん触れられる、とても素敵な空間。近くのおすすめの店も事前に紹介してもらえるとのことで、泊まるまでの計画を立てるのも楽しみ。家族や友人、大切な人と素敵な時間を過ごしに訪れてみてはいかがでしょうか。   SEVEN STORIES 場所 名古屋市中村区名駅2-40-12 電話番号 052-433-8766 営業時間 IN/15:00~ OUT/10:00 料金 1泊1部屋 税込2万7500円(1部屋5人まで) 定休日 なし 駐車場 なし 公式サイト https://7stories.jp/ (クラウドファンディング:https://camp-fire.jp/projects/view/387058) ※掲載内容は2021年5月時点の情報です

HOTEL 和紡(ホテル ワボウ)

【西区・国際センター】歴史とグルメにまちで、暮らすように過ごしたい人へ。
一棟貸しの古民家ホテルでの宿泊に加え、カフェやバー、日本料理店など、周辺の飲食店で使える食事券がもらえます。和の魅力たっぷりの空間で羽を伸ばし、個性あふれる店をのぞけば、いつもより充実した‟日常”を過ごせるはず。

宿泊プラン「那古野の古き良き町並みを散策しながら味わう旅」
大人1泊1万4600円~(2名1室利用時の1名分料金)

周辺の飲食店で使える食事券が、1名につき2000円分付く。また、ホテル専用ティーサロン「那古野茶房 花千花」の割引券もセットになっています。

HOTEL 和紡(ホテル ワボウ)

問い合わせ
052-586-5083
場所
名古屋市西区那古野1-23-9
営業時間
IN 15:00~19:00/OUT 11:00
駐車場
あり(提携)
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://www.wabohotel.com/
アクセス
地下鉄「国際センター駅」より徒歩で約5分

イビススタイルズ名古屋

【中村区・名駅】欲張り女子必見!コスパ良しの満足プラン♪
「アフタヌーンティー付き宿泊プラン」は、ミニサイズの料理やデザートがのった彩り豊かなアフタヌーンティーが付く、カジュアルに使えるプランです。スタイリッシュかつ、にぎやかな店内で、おしゃべりにも花が咲く。

宿泊プラン「アフタヌーンティー付き 宿泊プラン」
大人1泊4060円~(2名1室利用の1名分料金)※IN14:00/OUT14:00

カナッペやハンバーガー、ケーキなどバラエティ豊かなアフタヌーンティーセットが、1階のレストランで楽しめる。コーヒーや紅茶、フレーバーティーも2時間飲み放題。

▼詳しい記事はこちら

Check!

「イビススタイルズ名古屋」が開業!スマートでおしゃれなホテルのランチも注目

「イビススタイルズ名古屋」が開業!スマートでおしゃれなホテルのランチも注目

世界的にも有名なあのホテルが、満を持して名古屋に初登場!名駅エリアに「イビススタイルズ名古屋」がオープンしました。 東海初登場!スマートでおしゃれなホテル「イビススタイルズ名古屋」 フランス・パリを拠点とする「アコーホテルズ」のエコノミーブランドで、ミレニアム世代をターゲットにした「イビススタイルズ」。好アクセスな場所に立地し、スタイリッシュなデザインと低価格なエコノミー仕様が、人気を集めています。 今回、東海地区初進出となる「イビススタイルズ名古屋」は、目の前の「柳橋中央市場」のモチーフをデザインに取り入れ、その斬新さがSNSで早くも話題に。館内には、思わず写真を撮りたくなる“映え”スポットがたくさんあります。 ゲストが必ずと言うほど足を止めるエレベーターホール。よく見ると、マーケット(=市場)の文字が! ポップな差し色がアクセントになっている廊下。フロアによって色が異なります。 メインダイニングの「マーケットストリート」は、朝食、ランチ、お茶、ディナーと、オールタイムで利用できるのが◎。 機能性を重視した客室。ホテルオリジナルの「イビススタイルズスイートベッド」は、寝心地抜群です。 「マーケットストリート」の名物メニュー「海鮮ポット」は必食! 「マーケットストリート」の名物メニュー「海鮮ポット」(ランチ1500円+税、ディナー1800円+税)は、マストで注文を! また、大切な記念日に利用したいプランや季節にちなんだプランが充実。より気軽なホテル使いが叶えられる「イビススタイルズ名古屋」に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。 イビススタイルズ名古屋 問い合わせ 052-571-0571 営業時間 IN/14:00、OUT/11:00 場所 名古屋市中村区名駅4-22-24 駐車場 14台 カード 可 公式Instagram https://www.instagram.com/ibisstyles_nagoya/ 宿泊料(税込) 大人1名1室8000円~ マーケットストリート 問い合わせ 052-526-5115 営業時間 7:00~21:30 (日曜、祝日のディナーは貸切のみ) 公式Instagram https://www.instagram.com/marketst_nagoya/ ※掲載内容は2021年3月時点の情報です。 ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前に確認してから、お出かけください。

イビススタイルズ名古屋

問い合わせ
052-571-0571
場所
名古屋市中村区名駅4-22-24
営業時間
IN 14:00/OUT 11:00
駐車場
14台(有料)
支払方法
カード・電子マネー可(電子マネー利用はレストランのみ)
公式サイト
https://all.accor.com/hotel/B4F6/index.ja.shtml
アクセス
「名古屋駅」より徒歩で約8分

ゲストハウスよるよなか/bar にどね

寺院や神社が多く、名古屋の寺町として知られる中区橘周辺。数年前までは1階で仏具店が営まれ、2・3階は住居として使われていた建物が、ゲストハウスに生まれ変わりました。

メインの客室は、ゲストハウスでは典型的な1人1ベッドタイプ。男女混合のミックスドミトリー(1泊3300円)は、8つのベッドからなる客室です。「知らない人と相部屋はちょっと心配」という人も安心して。ベッドごとに壁で仕切られたポッド型という造りで、個人のプライバシーはしっかり守られます。1人分のスペースが広く、ベッド脇に大きな荷物が置けるのも、旅人にはうれしいポイントです。

また、ミックスドミトリーとは別に、女性専用ドミトリー(1泊3520円)も。室内に専用の洗面台と化粧カウンターが設けられているのは、女性オーナーならではのうれしい気遣い。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

Check!

泊まる、呑む、出会う。旅人以外もウェルカムな「ゲストハウスよるよなか/bar にどね」が仕掛ける楽しいこと【名古屋・東別院】

泊まる、呑む、出会う。旅人以外もウェルカムな「ゲストハウスよるよなか/bar にどね」が仕掛ける楽しいこと【名古屋・東別院】

月に一度の、古道具やクラフトのマルシェ「たちばな大木戸ひなた市」。その会場となる中区橘の日置神社からすぐのところに、2021年6月、「ゲストハウスよるよなか/bar にどね」がオープンしました。旅人が滞在するだけでなく、お泊まり女子会が開かれたり、ご近所さんがお酒片手に語り合ったり……。ゲストハウスってこんなに自由だったの!? という驚きをくれる、注目すべきスポットです。 DIYでコツコツと。居心地の良い空間ができるまで 寺院や神社が多く、名古屋の寺町として知られる中区橘周辺。数年前までは1階で仏具店が営まれ、2・3階は住居として使われていた建物が、ゲストハウスに生まれ変わりました。海外旅行先のゲストハウスで多くの出会いがあったという、オーナーの河尻千尋さん。「いつかは自分もゲストハウスを」という長年の夢を叶えるため、慣れない大工仕事にも果敢に取り組んだ彼女のパワーには驚くばかりです。 ーーこの規模の大改装を、ほぼDIYでやり遂げたと聞いて驚きました。 河尻さん  電動ドライバーにすら触れたことがなかったのに、やらざるを得ない! という気持ちでしたね。1人でできることから始めて、そのうちに友人や旅先で知り合った人、改装の様子をアップしていたインスタグラムのフォロワーさんも手伝ってくれるようになって……。大工仕事の経験のある人にいろいろ教えてもらったりしながら、完成までに半年ぐらいかかったと思います。今では図面も引けるし、ベッドだって1人で組み立てられるんですよ。 ーーすべてに思い入れがあるかと思いますが、特に気に入っている空間はありますか? 河尻さん  2階のリビングスペースです。モロッコなどの先住民の家をイメージして、絨毯敷きの床に座るスタイルにしました。日本の畳もそうですが、床に座るとなんだか落ち着きませんか? くつろいだ気分で、自然と会話が生まれるような空間になったらいいなと思って。本当はもっとたくさん絨毯を敷き詰めたいんです。1枚ずつ手作業で板を張ったフローリングの床が見えなくなるのも悔しいんですけど。 かつて河尻さんが滞在した、海外のゲストハウスもお手本にしたとか。温かい布の肌触りが気持ちをリラックスさせてくれます。チェアやソファも座面の低いもので統一。古材のテーブルを囲んで、初めて会った人同士でも会話が弾みそうです。 旅人目線で使いやすさを追求。客室&設備をチェック 客室や宿泊者のための設備を紹介。メインの客室は、ゲストハウスでは典型的な1人1ベッドタイプ。男女混合のミックスドミトリー(1泊3300円)は、8つのベッドからなる客室です。「知らない人と相部屋はちょっと心配」という人も安心して。ベッドごとに壁で仕切られたポッド型という造りで、個人のプライバシーはしっかり守られます。1人分のスペースが広く、ベッド脇に大きな荷物が置けるのも、旅人にはうれしいポイントです。 ミックスドミトリーとは別に、女性専用ドミトリー(1泊3520円)もあります。こちらは、ポッド型の2段ベッドとシングルベッド1台の3人部屋。女性3人で一部屋貸切にもできます。室内に専用の洗面台と化粧カウンターが設けられているのは、女性オーナーならではのうれしい気遣い。古道具屋で見つけた琺瑯のたらいを洗面ボウルにするなど、こだわりが一杯のスペースです。 ドミトリー以外には、1〜4名まで利用できる個室も。布団を敷いて寝るタイプの部屋は窓の外に桜の木があり、春はお花見も楽しめそうです。共用の洗面所は各階に、十分な広さのシャワールームは2つ。リビングルームに併設のキッチンには、調理器具や食器・カトラリー、調味料などが一通りそろっているので、食材を買ってきて自炊もできます。 旅人じゃなくてもどうぞ。ゲストハウスの新たな形 ゲストハウスといえば、比較的安価で泊まれることからバックパックで旅する人などに選ばれる宿、というのが一般的なイメージです。「名古屋に住んでいるから利用する機会はないかも……」と思った人、もったいない! オーナー・河尻さんの考えるゲストハウスは、旅行者だけでなく街にも広く開かれた場所なのです。 ーーそもそもゲストハウスを始めようと思ったきっかけを教えてください。 河尻さん  これまで海外を何カ国か旅しましたが、現地のゲストハウスで日本人旅行者と出会うのが楽しみでした。初対面でも、その国のことや旅行が好きな人同士だからすごく話が弾んだりして。そんな出会いの場所を自分も作りたいと思ったんです。名古屋には旅人におすすめできるところが少ないと言われますが(笑)、ゆくゆくはここが旅の目的地になったらいいなと思っています。 ーーゲストハウスって、旅先で滞在する場所だと思っていました。 河尻さん  昨今あまり遠出がしづらいので、近場で小旅行気分を味わってもらうのもいいし、遠くから友達が訪ねてきたので一緒に泊まりにきたという方もいらっしゃいます。女性同士お泊りで誕生日会をするとか、街で飲んだ帰りに泊まるとか、そういった利用の仕方も。自宅飲みの感覚で、宿泊はせずリビングだけ使わせてほしいというリクエストにも応じられます。このエリアに住んでいる方にも気軽に使ってほしいですね。 街の人が夜な夜な集うバーでは、おいしい間借り営業も 午後7時を過ぎると、「ゲストハウスよるよなか」の1階に「bar にどね」がオープンします。カウンターに立つのは、オーナーの河尻さん。顔なじみのご近所さんと盛り上がっているところに、その日に宿泊する旅人が加わったりすることもあるとか。メニューはドリンク中心で、スコッチやバーボンなど、ウイスキーの種類が豊富にそろいます。写真は、女性に人気の「ゴトーさんのレモンサワー」(650円)。 そして、「bar にどね」のスペースには昼の顔も。間借り営業のスタイルで、焼き菓子と自家焙煎コーヒーの「ジーナトコケシ」、スパイスカレーの「スパイスアワー」などが週末を中心に出店しています。今後も、様々なコラボやイベントを計画中で、来たる11月23日には、ご近所の「おにぎりやさん」、美容院「Ricceta」とともに企画した「秋暮れ 昼呑み」が開催予定(12:00〜17:00)。前日22日の前夜祭(17:00〜21:00)から盛り上がりそうです。 旅人のための場所だと思っていたゲストハウスが、実は、地元に暮らす私たちにも開かれていると教えてくれる「ゲストハウスよるよなか/bar にどね」。人と人との出会いによって、ますます楽しいことが起こりそうなこの場所から、今後も目が離せません。 ゲストハウスよるよなか / bar にどね 場所 名古屋市中区橘1-17-27 営業時間 IN16:00~ / OUT12:00 bar にどね / 19:00〜24:00 定休日 不定休(バーは日曜定休) 駐車場 なし 問い合わせ 052-720-4572 HP http://yoru-yonaka.com インスタグラム https://www.instagram.com/guesthouse_yoruyonaka/ 取材・原稿 / 徳久千恵 ※掲載内容は2021年11月時点の情報です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

hibi(ヒビ)

【愛知・豊田市】人・食・自然との出会いで、まちの暮らしを味わい、楽しむ。
名古屋から車を走らせ約1.5時間。のどかな「稲武町」に今年4月、小さなホテルが産声を揚げました。手がけたのは、オーダー家具「first-hand」とカフェ&ショップ「ヒトトキ」を営む松島夫婦です。築100年以上の建物を丁寧にリノベーションしたここは、2階に松島さん家族の住居が、地下1階に家具工房があり、宿泊客は1階のラウンジと寝室を使います。「‟松島さんちに泊まりにきた感覚”で利用してほしいです」と笑う、妻の知美さん。

野菜からパン、ソーセージまで、朝ごはんの食材は自分たちが心から「紹介したい」と思える生産者から届いたもの。じっくりと味わったらまちを巡るサイクリングツアーに繰り出すのもいいですね。

一日だけ稲武町に住む感覚で、のんびりとしたショートステイを楽しんでみてください。

寝室でゆっくりと休んだら、朝食は徒歩約3分ほどの「ヒトイキ」で。

コンセプトの一つである「泊まれる家具屋」の通り、温かみのある家具はすべて手作りです。

ラウンジに飾られたドライフラワーは、豊田の「アトリエチェルシー」の設え。

「土本自転舎」のガイドによる、まち案内ツアーも(コーヒー・お菓子付き3時間6600円)。

宿泊プラン「first-hand × ヒトトキの提案する宿泊スタイル」
大人1泊朝食付き1万円(2名1室利用時の1名分)※大人4名まで、1日1組限定

宿泊と朝食のセット。まちを巡って魅力を感じてほしいと、夕食や入浴は近隣の飲食店や温泉施設を案内しています。

▼詳しい記事はこちら

Check!

“泊まれる家具屋”「hibi(ヒビ)」で過ごす、1日1組限定の特別なひととき【豊田市・稲武町】

“泊まれる家具屋”「hibi(ヒビ)」で過ごす、1日1組限定の特別なひととき【豊田市・稲武町】

“泊まれる家具屋”「hibi(ヒビ)」で過ごす、1日1組限定の特別なひととき【豊田市・稲武町】 緑豊かな山々、川のせせらぎ、澄んだ空気――。自然あふれる豊田市稲武町に2021年4月にオープンした宿泊宿「hibi」。旬の野菜のおいしさを提案する「ヒトトキ-人と木-」が営む宿として注目を集めています。宿が誕生したきっかけや、オーナーご夫妻の想い、稲武町の魅力などについてお話を伺いました。 東名高速道路「名古屋IC」から約1時間、豊田市の山間に位置する稲武町にある「hibi(ヒビ)」。白を基調としたスタイリッシュな外観と木の看板が印象的です。1階は家具工房、2階が宿&ラウンジスペースとなっています。 ゲストハウスが大好きで、いつかは宿をオープンしたかった ――オープンのきっかけを教えてください。 オーナー松島さん  国産材や地域材にこだわり、毎日の暮らしに溶け込む家具「first-hand」を制作・提案しています。長男が生まれた時に家具を作る上で、衣・食・住をより大切にしたい考えと、自然豊かな環境の中で制作したい思いが強くなり、ご縁のあった稲武町へ2010年に移住。2015年には、町内で家具のショールームを兼ねたカフェ「ヒトトキ-人と木-」をオープンし、いろんな方とのつながりが深まりました。 実は、私たちは昔からゲストハウスや宿巡りが大好きで、将来は自分たちでも宿をやりたいねと話をしていて、そして出会ったのがこの物件。稲武町内で、雑貨や釣り具のお店だったという築100年ほど経過している空き家を紹介していただき、工房兼宿泊スペースを融合した「hibi」を2021年4月にオープンしました。 ――素晴らしい景色と、心地よい家具との空間にホッと心和む宿ですね。 オーナー松島さん  自分たちが宿をやるとしたらどんな空間がいいかと考えた時に、私たちの生業は家具制作だからこそ、ショールームのように実際に泊まってもらいながら家具の良さを体感してほしいなと考え、“1日1組の泊まれる家具屋”をコンセプトにしました。川沿いの立地を生かし、大きな窓からは四季折々の木々を眺めることができたり、川のせせらぎが聴こえるようなホッとした時間を過ごしてほしいと思っています。 ソファやベッド、ダイニングテーブル、椅子などは全て世界に一つだけのモノ。木の手馴染みや使い勝手などを心ゆくまで体感することができます。 こちらは客室横にあるラウンジスペース。大きなダイニングテーブルが印象的で、北欧の照明、ドライフラワーなど空間デザインにもこだわっています。「ここで会話を楽しんだり、時にはイベントをしたりと、みんなで楽しむ空間として使っています」と松島さん。 「hibi」は、B&B(Bed&Breakfast)で、宿泊と朝食がセット、朝食はカフェ「ヒトトキ」でご用意。夕食や入浴については、「hibi」は“まちを巡りながら暮らすように泊まる”ことをコンセプトの一つにしているので、街の飲食店や、商店、温泉施設などを巡りながら、地域の方との交流を楽しむこともできます。希望の場合は「ヒトトキ」のカリーディナー(2160 円※2 名様より 1 週間前までの予約)の用意も可能です。 山の自然と地域をとことん楽しむ体験が勢ぞろい! ――サイクリングやハイキングなど、自然を楽しめるオプショナルツアーもあるそうですね。 オーナー松島さん  「hibi」は、泊まって帰るだけではなく“みんなで一緒に遊べる宿”としても使ってほしいなと思っています。里山をサイクリングで楽しんだり、ハイキングをしたり。庭で時々、サウナテントを張ってサウナをして遊んでいます(笑)。特にサイクリングオプションは、稲武町在住のガイドと一緒に街をゆっくりと自転車で巡ることも。私たち家族も稲武町を移住してきたことでサイクリングの魅力にハマり、いろんな場所に出かけています。自然を身体全体で体感できるので、とても楽しいですよ!自転車ならではの時間と景色を存分に体感してください。 人と人との出会いやコミュニケーションを大切にしたい ――今後の展望をお聞かせください。 オーナー松島さん  宿というくくりだけではなく、作家さんの展示会や音楽会など、「hibi」を通して人と人とがつながる場所や、地域のハブになれたらいいなと思っています。人との出会いを通して無限の可能性が広がり、アイデアが形になるんです。新しい化学反応を取り入れながら、稲武町がもっと面白く・楽しくなるといいなと感じています。自分たち自身も遊びながら楽しく暮らすことをモットーに、山の素晴らしさ、地域の魅力、人との出会いを大事にしていきたいですね。もし自然豊かな場所に移住したいな、と考えている人がいれば、まずは「hibi」に遊びに来てください!稲武町はとっても面白いですよ。 hibi(ヒビ) 場所 愛知県豊田市稲武町タヒラ1-2 お問い合わせ 0565-83-1008 チェックイン 金・土・日曜 16:00〜(ヒトトキにて) チェックアウト 10:00まで 宿泊定員数 大人2〜4名まで(1日1組限定) 料金(一泊・朝食付) 2名様 / 1人1万円(3名様は追加8500円、4名様は追加7500円) 駐車場 あり カード利用 不可 公式サイト https://first-hand.jp/index.html#hibi インスタグラム https://www.instagram.com/firsthand_hitotoki/ https://www.instagram.com/hitotokitommy ※掲載内容は2021年6月時点の情報です 撮影 / 前沢美憂(株式会社鈴木写真館) 取材・文 / 岩下加奈

hibi(ヒビ)

問い合わせ
0565-83-1008
場所
愛知県豊田市稲武町タヒラ1-2
営業時間
IN 16:00~(金・土・日曜、「ヒトトキ」にて)/OUT 10:00
定休日
月~木曜
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー不可
公式サイト
https://first-hand.jp/index.html#hibi
アクセス
猿投グリーンロード「茶臼山/稲武/足助方面」出口より車で約45分

ホテルインディゴ犬山有楽苑

箱根、軽井沢に続き、東海エリア初の犬山に3月1日(火)に開業したライフスタイル・ブティックホテル「ホテルインディゴ犬山有楽苑」。その土地の文化や歴史、街の個性を照らし出し、地元の人だけが知る今まで知られてこなかった街の魅力にも出合えるストーリーテラーなホテルとして誕生しました。

ホテルに隣接する国宝茶室の「如庵」や、近くに流れる木曽川と迫力ある国宝犬山城天守、城下町のグルメや祭り文化と、にぎやかな犬山の特色を表現したホテルは、2つの国宝に囲まれた稀有な立地で、犬山ならではの非日常を体験することができます。

▼詳しい記事はこちら

Check!

「ホテルインディゴ犬山有楽苑」が開業!犬山の魅力がたっぷりのホテルで非日常体験を

「ホテルインディゴ犬山有楽苑」が開業!犬山の魅力がたっぷりのホテルで非日常体験を

箱根、軽井沢に続き、東海エリア初の犬山に3月1日(火)に開業したライフスタイル・ブティックホテル「ホテルインディゴ犬山有楽苑」。その土地の文化や歴史、街の個性を照らし出し、地元の人だけが知る今まで知られてこなかった街の魅力にも出合えるストーリーテラーなホテルとして誕生しました。 2月18日(金)には、オープンに先駆けてプレオープンイベントも開催され、株式会社名鉄ホテルホールディングスの代表取締役社長の岩瀬正明氏、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社最高執行責任者の清田甚氏、「ホテルインディゴ犬山有楽苑」の総支配人の柳島司氏らが登壇。お客さまのエンゲージメントを高めるとともに、名鉄グループの中でもハイスペックで高品質なホテルを目指し、新しい挑戦をしていきたいと語りました。 国宝茶室の「如庵」や「犬山城」に囲まれた贅沢な空間 ホテルに隣接する国宝茶室の「如庵」や、近くに流れる木曽川と迫力ある国宝犬山城天守、城下町のグルメや祭り文化と、にぎやかな犬山の特色を表現したホテルは、2つの国宝に囲まれた稀有な立地で、犬山ならではの非日常を体験することができます。 大きな窓ガラスから犬山城が見える、解放感のあるエントランスロビー。城下町の街並みなど、犬山祭に関するストーリーが隠されています。 犬山の古い伝統と歴史にインスパイアされた、斬新でコンテンポラリーなデザインのレセプションスペース。鵜飼のかがり火が表現されたアートウォールや、国宝茶室「如庵」へのオマージュされた丸窓など、犬山の今昔を伝えるストーリーテラーな空間が広がっています。 エントランスロビーの横には、犬山祭の名物、からくり人形を乗せた13基の車山や国宝茶室「如庵」に残る暦張りをモチーフにしたバーも。 ロビーから続く廊下には、大正期から昭和初期にブームとなった吉田初三郎作名古屋鉄道路線鳥瞰図のグラフィックアートが飾られています。人々の足として発展してきた鉄道の歴史を感じられるアートで、約100年前の世界を楽しむことができます。 犬山にインスパイアされた遊び心満載のこだわりの客室 4階建て全156室の客室を完備。別荘のように快適で居心地の良い客室の犬山城から木曽川など地元が誇る景観、ローカルカルチャーを細部まで遊び心満点に表現したアートウォールにも注目です。如庵の縁甲板をイメージした趣あるフローリング、有楽窓から漏れる光をイメージしたドロアーも設置。犬山の文化とインディゴカラーのビビットさが掛け合わさったカラフルなインテリアが目を引きます。 ベッドの隣には、国宝茶室「如庵」の斜め壁と水屋を融合したデザインのインテリア、鵜飼で使われる木船をモチーフにしたヘッドボードも飾られ、アートウォールの木曽川とリンクして、まさに川に浮かんでいるような演出も素敵。 床の間の床柱をイメージしたライトの丸棒部分や、国宝茶室「如庵」の内部に施されている特徴的な壁を意識してデザインされたふすまアートも。 日本家屋の縁側をイメージしたカジュアルなテイストのソファー、クッションには根来衆から着想を得た手裏剣柄を取り入れたそう。有楽苑の丸窓を思わせるテーブルの脚部分には、からくり人形に仕様される紐から考えられたペーパーコードが!細部までこだわって作られているデザインに圧巻。ずっと見ていたくなる空間でした。 犬山唯一の天然温泉「白帝の湯」と、開放的なジムでリフレッシュ! 宿泊者限定で利用可能な天然温泉「白帝の湯」とフィットネスセンター。美肌効果があると言われる人気の犬山温泉「白帝の湯」は、犬山唯一の天然温泉で、無臭できれいに澄み切ったPH約8.5のアルカリ性単純温泉。木曽川をモチーフにしたアートタイルや、犬山の空気に触れる露天風呂で極上の入浴タイムが楽しめます。 パブリックスペースのデザインモチーフである木製ルーバーと和の柄をあしらった内装にSDGsを意識し、木材を用いてデザインされたマシーンが珍しいジム。庭園を見ながら目でもリフレッシュしつつ、機能性かつデザインを重視した広々と明るい快適な空間が自慢です。また、フィットネスセンターでは、電源を必要としない環境に向き合ったマシーンで、これからの価値観も提案。 地元食材が味わえる「インディゴホームキッチン車山照」 昔ながらの懐かしさを感じさせる豊かなフードカルチャーに注目し、旬な食事や歴史、文化にインスパイアされた食事を用意。ホテルシェフこだわりの地元食材を使った創作アレンジ料理や、目の前で仕上げられる滋味深いローカルフードが提供されます。 犬山の古民家をイメージしたレストラン。鵜篭をイメージしたランプや、木曽川から着想を得た天井のデザインなど、こちらにもこだわりが満載。時間によっては隣にある水盤ゾーンの水面が反射し、天井にゆらゆらとした影ができ、天井がまるで川のようなデザインに。訪れた時には、ぜひ天井も見上げてみてください。 犬山城や庭を眺めながら過ごせるテラス席も。ホテルの中心にある水盤に映る景色を目の前に、ゆっくりとした時間が流れます。水盤ゾーンでは、こころ踊るコンテンポラリーなイベントも開催。季節に合わせてDJブースでの音楽体験やダンスパフォーマンスなども行われます。 季節に合わせたデザートビュッフェも登場予定。3月はいちごを中心としたビュッフェとのことで、毎回訪れる時のお楽しみ。 四季折々の自然が楽しめる9つのゾーンで構成された庭園 大きく9つのゾーンで構成されている広々とした庭園。ホテルの敷地に一歩足を踏み入れたところから続く「アプローチ」、駐車場からホテルへ続くミステリアスな竹林が迎えてくれる「エントランスゾーン」、水盤に映る変幻自在な景色が美しい「水盤ゾーン」、黒板塀がタイムトラベルのような世界を演出する「メモリアルゾーン」、ライトアップされた夜が印象的な「城郭ゾーン」、“堤”“川遊び”“花見”をキーワードに木曽川が満喫できる「木曽川堤ゾーン」、大自然が生んだ壮大な六方石をアートとして取り入れた「スパゾーン」、桜が咲き誇るホテルと犬山城をつなぐ園路「桜道ゾーン」、ホテルインディゴと有楽苑をつなぐ「露地の庭」と9つのゾーンに分けられる庭園には、約65種類2万本の木々が植えられ、季節ごとに異なる景色を見ることができるのも楽しみの一つ。 リゾートセンターには、地域の工芸品やホテルオリジナル商品も エントランスロビーの横にある、国宝茶室「如庵」を思わせる棚のデザインが印象的なリゾートセンター。「凛」と「彩」をテーマに静かな和を感じながらも現代的でスタイリッシュなインテリアがアクセントになっています。こちらでは、陶器や和の雑貨など、主に東海3県から厳選した約100種類以上もの商品が置かれ、好奇心を刺激し、新しい発見があること間違いなしです。 ホテルオリジナルの家紋が付いた「名古屋黒紋付染め手ぬぐい」(1540円)など、「ホテルインディゴ犬山有楽苑」のオリジナル商品も販売中。 ホテルインディゴ×犬山の個性がたっぷり詰まった「ホテルインディゴ犬山有楽苑」。ホテルのあちこちに散りばめられた犬山の魅力をぜひ見て体験してみてください。 ホテルインディゴ犬山有楽苑 問い合わせ 0568-61-2211 (代表) 0120-056-658(予約) 場所 愛知県犬山市犬山北古券103-1 営業時間 チェックイン15:00/チェックアウト11:00 駐車場 あり 公式サイト https://www.anaihghotels.co.jp/search/chu/in-inuym/ 宿泊料 1室あたり約4万円~(お部屋のみ) ※掲載内容は2022年2月時点の情報です。 ※新型コロナウイルスや天候の影響で、開催予定のイベントは、中止・変更になる場合があります。主催者の公式サイト・SNSで事前に確認して、おでかけください。

ホテルニュースタイル 犬山エクスペリエンス

【愛知・犬山】着て、歩いて、泊まって、犬山の魅力を堪能。
着物を借りて城下町散歩ができるプランで、男女どちらも利用できます。ホテルのロビーも犬山城下町ををイメージした作りで、客室には犬山モチーフのインテリアも。趣ある城下町の観光と滞在で、犬山の魅力にたっぷり浸れます。

宿泊プラン「犬山日和 着物レンタル付き宿泊プラン〈朝食付き〉」
大人1泊朝食付き1万1250円~(2名1室利用時の1名分料金)

宿泊当日~翌日に、着物・浴衣レンタル専門店「犬山日和」での着物レンタルが可能。着替えた服はホテルに届けてもらえて、散歩後は着物のままホテルに戻れるのもうれしい。

ホテルニュースタイル 犬山エクスペリエンス

問い合わせ
0568-54-3111
場所
愛知県犬山市犬山富士見町16-2
営業時間
IN 15:00/OUT 10:00
駐車場
あり
支払方法
カード・電子マネー可
公式サイト
https://www.m-inuyama-h.co.jp/
アクセス
名鉄「犬山駅」より徒歩約1分

HOTEL VISON(ホテル ヴィソン)

【三重・多気郡】トレンド感たっぷりの、ホテルステイはいかが?
話題の新施設「ヴィソン」に魅力を存分に味わえる、期間限定プランに注目。客室にはセミダブルベッド2台に、客室とほぼ同じ広さのテラスも完備。豊かな食や自然、癒し体験まで楽しめて、身も心もリラックスできます。

宿泊プラン「【OPEN記念】8つのレストランから選べる朝食付」
大人1泊朝食付き1万7000円~(2名1室利用時の1名分料金)※テラスツインルーム利用時

オープンを記念した期間限定プラン。朝食を「ヴィソン」内にある8つのレストランのメニューから選べる他、併設の温浴施設「本草湯」も無料で利用できます。

HOTEL VISON(ホテル ヴィソン)

問い合わせ
0598-39-3090
場所
三重県多気町ヴィソン672-1
営業時間
IN 15:00/OUT 11:00
駐車場
130台
支払方法
カード可・電子マネー不可
公式サイト
https://vison-hotels.com/
アクセス
伊勢自動車道(上り線)「多気ヴィソンSIC」直結(出口のみ)


※予約サイトによってプランが販売されていない場合があります。詳しくは各ホテルにお問い合わせください。
※価格はすべて税込み
※掲載内容は2021年9月時点の情報です
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

LINEお友だち登録

Please Share

名古屋のおしゃれなホテル7選!カップルや友達とインスタ映えするおすすめの宿へ

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. ENJOY TODAY
  3. 宿泊
  4. 名古屋のおしゃれなホテル7選!カップルや友達とインスタ映えするおすすめの宿へ

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。