絞り込んで探す

▼ジャンルで絞り込む

▼エリアで絞り込む

    • ▼主要駅で絞り込む

    • ▼区で絞り込む

KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集
#ENJOY TODAY

2021.7.20tue

KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集

第一特集「かき氷とパフェ&プリン」

【連載中】今月の『ボイメン レター』は、小林豊くんがお届け

連載中の「BOYMEN LETTER(ボイメン レター)では、毎日を全力で楽しみながら愛知・岐阜・三重の魅力を発信する「ボイメン」のメンバー1名が、今月の楽しみ方をお便りで届けます。ここでは、撮影現場のメイキング動画を公開!

次号予告

「大須・円頓寺」
『月刊ケリー』10月号は、8月23日(月)発売です。
※内容・発売日は変更になる場合があります。

【こちらもチェック】ケリープレゼンツの喫茶店「喫茶日日」がオープン

2021年5月12日(水)、愛知・岐阜・三重をこよなく愛する地域情報誌『KELLY』が、“GOOD LOCAL LIFE”を提案する「喫茶 日日」を名古屋パルコにオープンしました。

地元店舗・企業の協力をいただきながら、地元食材にこだわり、ナゴヤに根付く喫茶文化と発酵文化を融合させた、新ジャンルのネオ喫茶です。皆さまのご来店、お待ちしております。

Check!

「喫茶 日日」が名古屋パルコにオープン!『KELLY』が手掛けた新店カフェの注目メニューをチェック

「喫茶 日日」が名古屋パルコにオープン!『KELLY』が手掛けた新店カフェの注目メニューをチェック

2021年5月12日(水)、愛知・岐阜・三重をこよなく愛する地域情報誌『KELLY』が、“GOOD LOCAL LIFE”を提案する「喫茶 日日」を名古屋パルコにオープンしました。 地元店舗・企業の協力をいただきながら、地元食材にこだわり、ナゴヤに根付く喫茶文化と発酵文化を融合させた、新ジャンルのネオ喫茶です。 「喫茶 日日」が名古屋パルコにオープン!『KELLY』が手掛けた新店カフェの注目メニューをチェック 地元食材にこだわったメニュー 「日日モーニング」(厚切りトーストとゆで卵)ドリンク代のみ ※11:00~15:00 「日日モーニング」は、愛知県産の小麦「ゆめあかり」を100%使用した〈本間製パン〉の厚切りトーストに、定番のゆで卵付き。ゆで卵は、岡崎の「プレミアムランニングエッグ」、コーヒーは「山本珈琲」が焙煎する喫茶日日オリジナルブレンドを使用しています。 「日日スペシャルモーニング」(厚切りトーストとゆで卵とトッピング4種)ドリンク代+300円  KELLYが厳選したトッピングが一度に味わえる「日日スペシャルモーニング」。4種類のトッピングを厚切りトーストと一緒に贅沢に楽しめる一品です。 トッピングは、「コーヒーハウスかこ(愛知県名古屋市)」のバナナ&バニラジャム、「ととりべファーム(岐阜県揖斐郡)」のいちごジャム、「伊勢製餡所(三重県伊勢市)」のあんこ、「舘養蜂場本店(三重県桑名市)」のはちみつの4種。 トッピングのはちみつは、店頭で購入することもでき、オンラインショップ「ケリーストア」(https://kelly-net.shop/)でも販売中です。 「日日定食」(1200円)メインの発酵(肉or魚)1種と小鉢2皿、白ごはん、みそ汁(写真は奥三河鶏の赤味噌漬けカツレツ フレッシュトマトソース)※11:00~15:00 ランチは、“発酵”をテーマに、気兼ねなく毎週通えることにこだわった、カラダに優しい&うれしいメニューを用意。肉か魚が選べるメインのおかずと、発酵にこだわった2種の小鉢に、ローカルな岐阜県産「夢ごこち」のご飯、豚汁でカラダが整う定食を週替わりで展開します。 小鉢は、左から「赤くらげときゅうり」「人参のカレーきんぴら」「新じゃが明太子和え」「いぶりがっこ入りポテトサラダ」「アボガドぬか漬けクリームチーズ」「ホワイトアスパラおひたし」 定食に付く小鉢の内容も、週替わりなのでお楽しみに。 「オムライス」(900円) こちらもモーニング同様、岡崎の「プレミアムランニングエッグ」を使用。ふんわりとした卵の中にはボリュームたっぷりのご飯が入っており、満足感のあるオムライスです。 「鉄板ナポリタン」(800円) 「鉄板ナポリタン」のケチャップは、なんと自家製。愛知県東郷町の「Toma ROSSO(トマロッソ)」のトマトを天日干しし、丁寧に作ったケチャップです。一般的なナポリタンとは一風変わった、爽やかなトマトの香り広がる一品になっています。 「カツサンド」(900円) 「カツサンド」のカツは、「知多ハッピーポーク」を使用。噛むと肉汁があふれ、豚肉のうま味が口の中いっぱいに広がります。 「コーヒーゼリー」(600円) メニューに使う食器やグラスも、『KELLY』編集部でこだわってセレクト。料理には、多治見の陶器メーカー「丸朝製陶所」の器を使用しています。 「喫茶日日マグカップ」(1300円) 赤のアクセントカラーが入った「喫茶日日」のオリジナルマグカップは、店頭で販売も行っています。ソーサーの真ん中には、『KELLY』のコンセプトでもある「GOOD LOCAL LIFE」の文字が。 地元のいいものが買える!「ケリーストア」も併設 店内の一角では、編集部が地元のいいものを選んだオンラインストア「ケリーストア」初の店頭販売も。 左から、「Toma ROSSO TOGO FARM」の「完熟トマトから作った美味しいジュース」(1200円)、「完熟トマトから作った飲む酢」(800円) 「舘養蜂場本店」の「九華はちみつ」(1500円~) 「丸朝製陶所」の食器(1320円~) 「喫茶日日」でも使用している〈丸朝製陶所〉の食器皿をはじめ、入荷半年待ちの〈石川鋳造〉の「おもいのフライパン」や、蓄熱調理、無水調理ができる〈中村製作所〉の土鍋「ベストポット」が特別に限定入荷しています。 女子会からリモートワークまで、幅広いシーンで使える店内 店内は、約40席と広々としており、大きなガラス張りの窓から明るい光が差し込みます。赤と白を基調とし、椅子も席によって異なる、おしゃれな空間です。 店内奥には、コワーキングスペースも完備。席料無料で、コンセント・USBポート、高速Wi-Fi環境を利用でき、窓際で街の風景を眺めながら、仕事や趣味に没頭できる空間となっています。 新鮮な地元食材にこだわった「矢場農園」 さらに、東海三県の新鮮な野菜や米を販売する青果店「矢場農園」も、6月ごろにオープン予定。『KELLY』のこだわる「GOOD LOCAL LIFE」に共感していただける農家さんと直接やりとりをし、野菜をセレクト。 地元を愛し、地元を元気にしていきたいという農家さんと協力し、みんなで作りあげていく場所にしていきます。米や野菜は矢場町に合った、一人暮らしの方も気軽に購入できる量での販売も検討中。オープンをお楽しみに。 お友達とのショッピングの合間、お仕事の休憩、リモートワークなど、様々な用途で使っていただけるカフェ「喫茶 日日」。「GOOD LOCAL LIFE」をみなさまにお届けできる喫茶店にしてまいりますので、ぜひ足を運んでいただけるとうれしいです。 喫茶 日日 -GOOD LOCAL LIFE-(きっさ にちにち) 場所 名古屋パルコ 西館2階(名古屋市中区栄3-29-1) 営業時間 11:00~20:00(LOは19:30) 定休日 不定休(施設に準ずる) カード・電子マネー 可(PayPayは準備中) 問い合わせ 052-684-8791 公式サイト https://www.nichi-nichi.cafe/ ※掲載内容は2021年5月時点の情報です ※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

【こちらもチェック】ケリー編集部のECサイト「ケリーストア」

愛知・岐阜・三重のいいものを。名古屋で30年続くケリー編集部が、ずっと使いたくなる、地元がもっと好きになる、ものづくりとものがたりを届ける「ケリーストア」。愛知・岐阜・三重のグッドローカルライフを感じながら、オンラインショッピングを楽しんでください。

Check!

KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集

KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集

第一特集「かき氷とパフェ&プリン」 「おいしそうだけどちょっと高いし、暑い中長い行列に並ぶのもなぁ」と、取材が始まる前はかき氷に目もくれなかった私。しかし、取材が終わった今…奥深い氷の魅力に取り憑かれ、すでに甘く儚い一杯が恋しくなっています。 色や形は似ているけれど、どこの店も同じと思ったら大間違い! 氷の削り方やシロップの濃度、盛り付け、トッピングに至るまで、すべての積み重ねが個性となり、一つとして同じ氷を出す店はありません。 最近では、通年氷を提供する専門店が増えたり、ネットの予約システムが登場したり、かき氷界は日々進化を遂げています。同じく注目度上昇中のデザート「パフェ」と「プリン」も合わせて、涼やかなひんやりスイーツの世界をぜひ、お楽しみください。(ケリー編集部・水野) いつもどおり書店やコンビニでも販売していますが、Amazonやomni7でも宅配・取り寄せが可能です◎ 【連載中】今月の『ボイメン レター』は、小林豊くんがお届け 連載中の「BOYMEN LETTER(ボイメン レター)では、毎日を全力で楽しみながら愛知・岐阜・三重の魅力を発信する「ボイメン」のメンバー1名が、今月の楽しみ方をお便りで届けます。ここでは、撮影現場のメイキング動画を公開! 次号予告 「大須・円頓寺」 『月刊ケリー』10月号は、8月23日(月)発売です。 ※内容・発売日は変更になる場合があります。 【こちらもチェック】ケリープレゼンツの喫茶店「喫茶日日」がオープン 2021年5月12日(水)、愛知・岐阜・三重をこよなく愛する地域情報誌『KELLY』が、“GOOD LOCAL LIFE”を提案する「喫茶 日日」を名古屋パルコにオープンしました。 地元店舗・企業の協力をいただきながら、地元食材にこだわり、ナゴヤに根付く喫茶文化と発酵文化を融合させた、新ジャンルのネオ喫茶です。皆さまのご来店、お待ちしております。 日刊KELLY|名古屋の最新情報を毎日配信!2021.05.12「喫茶 日日」が名古屋パルコにオープン!『KELLY』が手掛けた新店カフェの注...https://dev.kelly-net.jp/enjoytoday/2021051205504243263.html2021年5月12日(水)、愛知・岐阜・三重をこよなく愛する地域情報誌『KELLY』が、“GOOD LOCAL LIFE”を提案する「喫茶 日日」を名古屋パルコにオープンしました。 【こちらもチェック】ケリー編集部のECサイト「ケリーストア」 愛知・岐阜・三重のいいものを。名古屋で30年続くケリー編集部が、ずっと使いたくなる、地元がもっと好きになる、ものづくりとものがたりを届ける「ケリーストア」。愛知・岐阜・三重のグッドローカルライフを感じながら、オンラインショッピングを楽しんでください。 kelly-net.shopJust a moment...https://kelly-net.shop ※掲載内容は2021年7月現在の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

※掲載内容は2021年7月現在の情報です。新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。公式サイト・SNSで事前にご確認ください。

LINEお友だち登録

Please Share

KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集

WRITER

KELLY Editors

KELLY Editors

「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。

  1. トップページ
  2. 名古屋
  3. KELLY9月号(2021年7月20日発売)は「かき氷とパフェ&プリン」特集

KELLY’S
RECOMMEND
おすすめ記事

PICK UP! 注目の記事

SERIES 連載もの

ABOUT日刊ケリーとは

"GOOD LOCAL"な、
東海のライフスタイルマガジン。

雑誌『KELLY』がお届けする、"GOOD LOCAL LIFE(地元でのよりよい暮らし)"のためのWebマガジンです。「地元での暮らしがより心地良く、自分らしく、喜びを感じる日々になりますように」。そんな思いを込めて、まちの情報を丁寧に編んだコンテンツを配信します。身近な巡り合いで、地元がもっと好きになるはず。